2016/5/14第13回北陸リンパ浮腫講習会(金沢)

 5/14(土)金沢大学医薬保健学類保健学域におきまして、北陸リンパ浮腫講習会が開催されました!
北陸ではなかなか無いリンパ浮腫の講習会ということで、参加者の皆様は大変心待ちにしていたようです。

 今回は東京医科大学病院 心臓血管外科 松原忍先生をお招きし、午前中は「リンパ浮腫の診断と治療」のご講演にて基礎的な知識の習得や症例検討をお教えいただきました。着衣指導までを行なっている松原忍先生:ドクターからのお話でしたので、非常に分かりやすく、大変、為になる貴重なご講演でした。
 午後からは参加者の皆様に着替えて(Tシャツ、短パン)もらい、実習形式にて「平編みストッキングをはいてみよう」「弾性ストッキングのサイズと生地と着圧の関係を知ろう」というテーマのもと、日頃なかなか履く機会の少ない平編みのストッキングを実際に履いてもらったり(やっぱり履きにくい。。。30分ほど履いただけで辛い。。という声もチラホラ)、また着圧測定器を使い参加者の皆様が指定着圧を意図して巻いた包帯の着圧を測ってみたり(測定値の相違に驚いてましたが。。。)、参加者の皆様は笑顔もあり、また真剣な眼差しで実習に取り組んでいました。今回の「平編みストッキング」を履いてみて、やはり履きにくいと感じた参加者も多かったのではないでしょうか。。。
 しかし!。。。当社から実習中に急遽お配りさせて戴いた『KMCグリップシート』が窮地を救いました。グリップシートを使用することで容易に履け、シワ伸ばしも簡単とのお声を多く戴けました。患者様にも積極的にお勧めして戴けるそうです。
ありがたいことです(笑。

 北陸リンパ浮腫講習会は1年に1度なのですが、松原先生によりますと、今年の12月に北陸で何かがあるそうですよ。。。?
情報は弊社HPで改めて公開させて戴きますので、リンパ浮腫関連の医療従事者様、乞うご期待です!
 最後に御礼です。松原先生、参加者の皆様、またご協力戴きましたメーカー関係者の皆様、どうもありがとうございました。

      

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)