スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/10/25-26第2回 WNH創傷・栄養と人生を考える合宿

 10月25、26日の両日、富山県のインテック大山研修センターにて、第2回 WNH「創傷・栄養と人生を考える」合宿が開催されました。1泊2日という合宿で、医療従事者の視点から、患者様の 『人生を考える』 ための、非常に内容の濃い合宿となりました。

座長が、真田弘美先生と塚田邦夫先生ということもあり、多方面分野からの先生方々が講演をしてくださいました。

講師:塚田邦夫先生(高岡駅南クリニック)、
浜田きよ子先生(「むつき庵」高齢生活研究所所長)、
吉田太一先生(キーパーズ代表取締役)、
佐藤伸彦先生(ものがたり診療所所長)、
鈴木央先生(鈴木内科医院副院長)、
下元佳子先生(生き活きサポートセンターうぇるぱ高知代表)、
五島朋幸先生(ふれあい歯科ごとう)、
真田弘美先生(東京大学大学院医学系研究科)、
江頭文江先生(地域栄養ケアPEACH厚木代表)、
丸山道夫先生(東京保健医療大久保病院外科)

創傷ケアや栄養を考える時、突き詰めていくと、人の生き方~どのように生きていくのか・生きてきたのか~が大きく関与してきます。
今回は講演後、ディスカッション形式で質問等を交えながら一つのテーマに対して、多方面からの意見を聴くことが出来、すばらしい合宿だったと思います。
医療従事者様の視点から、患者様の人生の『ものがたり』に関与していくことの難しさも理解することが出来ました。

来年、再来年もこのような合宿が開催され、先生方々のご意見が日本全国に広がって欲しいと感じた合宿となりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。