スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/10/19 第11回北陸リンパ浮腫講習会

10/19に第11回北陸リンパ浮腫講習会が金沢大学鶴間キャンパスにて開催されました。

講師はリムズ徳島クリニック:リンパ浮腫療法士の高西裕子先生です。

皆さん熱心に受講され丸1日のコースが終了し、受講生の皆様より
下記、お声をいただきました。

・実用できる内容だった。
・マッサージの方法が良くわかった。
・包帯の圧迫の圧力を学ぶことができました。
・内容がわかりやすく、イメージしやすかった。
・詳しくバンテージのまき方を教わって参考になりました。
・改めてリンパ浮腫について知ることができました。
・高齢者・緩和ケアに焦点があたっていたので、今後の参考にしたい。
・初めて詳しくリンパ浮腫についての講義を受けました。
 とても分かりやすく今後の看護に生かしていきたいと感じました。
・実際に手で感覚を確かめながら行うことができ勉強になりました。
・巻く圧や方法に関して、こまかく指導していただけました。
・根拠もわかりやすく説明していただき納得することができました。
・簡易にできる方法も教えていただき実践に向けてすぐにできる
 感じがしてよかった。
・包帯法やドレナージの強さなど、今までの講習ではできなかったことが
 できました。
・看護の視点での内容だったので、実践的であった。
・具体的な対応の仕方を教えていただき、参考になった。
・Kチューブを使った簡略の方法を試したいと思う。
・緩和ケアのむくみは仕方ないと思うことがあったが、
 とりくむ姿勢やむくみを軽減させることが目的ではないと考えると
 対応できることがあると思った。
・原理から説明いただき、わかりやすかったです。
・実際に先生の主義を体験できたのが、とてもわかってよかったです。
・術後の深部静脈決戦症予防の弾性ストッキングとリンパ浮腫の
 弾性ストッキグが別物だということを初めて知ったので、
 とても分かりやすかったです。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。